2017 01 ≪  02月 12345678910111213141516171819202122232425262728  ≫ 2017 03
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【2003年11月14日 鹿俣山と尼ガ禿山 登山記録】
- 2010/04/15(Thu) -
2010年(h22)春の同行登山日程はこちらから御確認下さい。

【玉原の鹿俣山と尼ガ禿山の登山記録】
2003年11月14日に登った記録なので、
指導標や看板が変わっていることもあり得ます。

コースは、
センターハウス→銅金沢→森林キャンプ場→鹿俣山
鹿俣山→ブナ平→水源ルート→玉原湿原→朝日の森→尼ガ禿山
尼ガ禿山→迦葉山→玉原湖→センターハウス

センターハウスの駐車場に車を止め、
歩いて車止めから入ると、すぐ野鳥の看板があります。
そこを右に入り銅金沢沿いに進みました。
↓↓
野鳥案内板

ゲレンデとキャンプ場を抜けて鹿俣山に向かいます。
山頂手前の指導標(左下)。
ここからは、もう5分位で山頂でした。
↓↓                         5分で山頂↓↓
山頂手前の指導標 鹿俣山山頂

山頂に着いたときは武尊山(東側)方向はもやっていたし、
雑木をかき分けても見えるかどうかってというとこなので、
西側のひらけた方面の写真を撮ってきました。(記憶では)
↓↓
鹿俣山山頂からのパノラマ
↑↑
玉原湖のすぐ左脇が、迦葉山。
奥へ、上州三峰山、子持山、小野子三山、榛名山と見えました。
なだらかな傾斜の左側には赤城山。
谷川岳方面は残念ながら雲がかかっていました。
獅子ヶ鼻山と武尊山を間近に見られると思っていたのですが・・・。

時間も早くお腹も空いて無かったので、
尼ガ禿山にも登ることにして、鹿俣山山頂を後にしました。

ブナ平に入ってすぐの指導標
↓↓
ブナ平の指導標

少し歩くとブナの朽ち木がそれと見える「ブナ地蔵」
↓↓
ブナ地蔵

ブナ平から1302.5m峰にはまわらずに、
水源ルートから玉原湿原に下りる事にしました。
湿原から朝日の森と抜けてアットいう間に「尼ガ禿山」の山頂。
↓↓
尼ガ禿山山頂

足を延ばした甲斐あって武尊山も雲をはらって良く見えます。
↓↓
尼ガ禿山山頂からのパノラマ
谷川方面は相変わらずでしたが。
この尼ガ禿山、短時間で登れて、
標高(1466m)の割には、眺望も楽しめます。
(晩秋で木々が葉を落としているせいもあると思いますが)
鹿俣山山頂でも一人、尼ガ禿山の山頂でも一人。
風も無く暖かくなったので、ここでゆっくりお昼にしました。

尼ガ禿山山頂を後にして、迦葉山方面に向かい、
この指導標の分岐から玉原湖に下りました。
↓↓
指導標

サイクリングロードに下りた頃には武尊山がクッキリと。
↓↓
サイクリングロード

うっすら雪化粧した姿が綺麗なのでズームしました。
↓↓
武尊山のズーム
こちらから武尊山を見ることはあまりありません。
この時分、うっすら雪化粧してるのが漠然と武尊山だろうと思っていました。
鹿俣山の山頂でも確認出来なかったので。

この記事を書くために、良く写真を確認しましたが、
中央の大きな山塊は、剣ヶ峰山みたいですね。
その右が、西峯と鬼岩みたいです。
でも今は聞きませんが、「剣ヶ峰山」以前は「西武尊山」とも言われたそうです。
何かの本で見ました。

玉原スキー場の上部に、
鹿俣山と獅子ヶ鼻山との、間奥に白く見える三角形の山が、
どうやら沖武尊山のようです。

以上が写真を頼りにして思い出した「鹿俣山」の登山記録です。

スポンサーサイト
この記事のURL | 過去の山歩き | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<【2003年11月16日 迦葉山(かしょうざん) 登山記録】 | メイン | 【2010年(h22)春の百名山登山日程(送迎・同行付き)】>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://gfield.blog108.fc2.com/tb.php/217-cf2506ef
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。