お客様と歩いてきた周辺百名山等の写真や、情報。宿周辺のイベントや観光情報、宿泊案内等を載せて行きます。皆様からのご質問やご意見はどんどんコメント又はメールでお寄せ下さい。宜しくお願いいたします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年11月1日

今日は八木様と皇海山に登って来ました。
行程の半分近くは栗原川林道との戦いですが。
追貝から入ると、我が家から皇海橋まで、だいたい90分です。
というわけで、無事皇海橋に着き登山開始です。

100分前後登ると、鋸山との分岐、
不動沢のコルに出ます。
↓↓背景の山並みが鋸山
不動沢のコルで

不動沢のコルから50分程登ると、山頂手前で青銅の剣に出会します。
↓↓
青銅の剣

↑↑
皇海山は、江戸時代から庚申山の奥の院として、
鋸山と共に信仰登山が盛んになり、
明治時代に、東京の庚申講中によって、この青銅の剣が奉納され、
現在もこの通り立派に残っているのだそうです。

剣から5分も歩かないうちに山頂に着きます。

皇海山(2144m)山頂にて
↓↓
皇海山山頂で

今日も春みたいなもやがかかり、
遠望を楽しむという事は出来ませんでしたが、
無事に下山を済ませました。

今日に限らず、今年の秋は、
スカッと秋晴れ!のような日が無かったような気がします。

八木様有難うございました。
石楠花の湯に寄りますので、疲れを癒して下さい。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gfield.blog108.fc2.com/tb.php/207-ec1046a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。