2006 10 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2007 04
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【2009年6月1日 鳩待峠から尾瀬ヶ原ハイキング】
- 2009/06/02(Tue) -
2009年6月1日
この日は、いつも御利用頂きお世話になっている金沢様と
ご友人の御夫妻と共に鳩待峠より尾瀬ヶ原に下りて散策してきました。

写真はクリックすると拡大表示されます。

鳩待峠から山の鼻に下り始めると、周りには遅い春を迎え、
咲き始めた花や、咲こうとしている花、樹木が沢山見られます。
ハウチワカエデの花 オオカメノキの花
↑写真上左は、ハウチワカエデの花。同右はオオカメノキの花です。

コミヤマカタバミ サンカヨウ
↑写真上左は、コミヤマカタバミ。同右はサンカヨウです。

オオバキスミレ ←オオバキスミレです。

山の鼻が程近くになると、水芭蕉の群生地があります。
水芭蕉の季節になりますと、花の甘い香りがプーンと漂います。
 ↓  ↓
ミズバショウの群生
この水芭蕉の実は熊の好物です。
と言うことでこの水芭蕉群生地の前後には熊よけのベルが設置されてます。
早朝や夕方、人の少ない時などは、ベルを鳴らして入って下さい。

ルイウヨウボタン キクザキイチリンソウ
山の鼻周辺に咲いています。
↑写真上左は、ルイヨウボタン(蕾)。同右はキクザキイチリンソウです。

ザゼンソウ
↑山の鼻小屋の前の木道沿いに一株だけザゼンソウが見られます。
あとは竜宮小屋と見晴らし間の木道沿いに見ることが出来ます。

水芭蕉と至仏山を背景にして
上田代に入ってすぐ、ミズバショウと残雪の至仏山が背景です。

ショウジョウバカマ ショウジョウバカマの蕾
↑ショウジョウバカマと蕾(右写真)です。

ヒメシャクナゲ タテヤマリンドウ
↑写真上左は、ヒメシャクナゲ。ピンクの可愛い蕾を付けていました。
同右はタテヤマリンドウです。6月の尾瀬ヶ原を代表する花です。

中田代三叉路で
中田代三叉路の休憩所で、牛首と至仏山が背景です。

ヤチヤナギ ←ヤチヤナギ

下の大堀川と残雪の至仏山
 ↑  ↑
パンフレットや雑誌の写真でおなじみの風景
下の大堀川のミズバショウと残雪の至仏山です。
この時期カメラマンの多い所です。

下の大堀川と至仏山を背景にして 下の大堀川と景鶴山
↑左は下の大堀川と至仏山が背景です。
↑右は下の大堀川と景鶴山を背景にしました。

リュウキンカの群生
↑竜宮十字路手前のリュウキンカの群生。

リュウキンカ←リュウキンカです。鮮やかな黄色が映えます。

竜宮十字路から至仏山を背景にして ヨッピ吊り小橋で
↑左は竜宮十字路から至仏山を背景に、↑右はヨッピ吊り橋で。

池塘と燧ヶ岳を背景にして
池塘と燧ヶ岳を背景にしたビューポイントで。
私はこちらの方が人も少なく静かで好きです。

研究見本園で(1) 研究見本園で(2)
↑2枚とも研究見本園でのスナップです。

今日はお疲れ様。有難うございました。


スポンサーサイト
この記事のURL | 山歩き日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<【2009年6月3日、4日 尾瀬ヶ原&玉原湿原】 | メイン | 【藤フジの花】>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://gfield.blog108.fc2.com/tb.php/174-86f92f1c
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。