お客様と歩いてきた周辺百名山等の写真や、情報。宿周辺のイベントや観光情報、宿泊案内等を載せて行きます。皆様からのご質問やご意見はどんどんコメント又はメールでお寄せ下さい。宜しくお願いいたします。


以前セイヨウタンポポについて書きましたが、
実は5月下旬にカントウタンポポを見つけていました。
しかも家のすぐ近く、ふきに囲まれて。
周りはセイヨウタンポポだらけで生き延びられるのでしょうか。
関東タンポポカントウタンポポ 西洋タンポポセイヨウタンポポ
写真をクリックすると拡大表示します。
見比べると一目瞭然ですが総苞片のそり返り方が全く違います。
セイヨウタンポポはつぼみも全部反り返っているのに対し、
カントウタンポポは密着しています。

セイヨウタンポポは花期も長く、種子も在来種に比べて非常に軽いので、
広範囲に繁殖しやすいということです。

さて、ここまでカントウタンポポ、カントウタンポポと書いてきましたが、
私も持っている本やネット上の写真をいろいろ見ました。
カントウタンポポとしている左の写真の外総苞片を良く見ると広卵型で、
カントウタンポポにはあるという突起の様な物が見あたりません。
もしかしたらこれは「エゾタンポポ」なのかもしれません。
どなたか断定出来る方がいましたらご助言下さい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gfield.blog108.fc2.com/tb.php/103-49f3bef2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック