2009 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2009 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【2009年6月28日 物見山、鬼怒沼(奥鬼怒湿原)登山記録】
- 2009/06/29(Mon) -
2009年6月28日
この日は、OL登山委員会関東支部の皆様と鬼怒沼(奥鬼怒湿原)に
行って来ました。
ルートは大清水から物見山越えの往復というタフなコースです。

モリアオガエルの卵 鹿の足跡
大清水の物見小屋前から大清水橋を渡り林道を歩きます。
↑程なく歩くと林道の水たまり脇にモリアオガエルの卵が産み付けてありました。
↑右は鹿の足跡。

↓30分程で物見橋に着きます。
物見橋 指導標
↑物見橋を渡って左の沢沿いに歩を進めると指導標があります。

ギンリョウソウ
↑ギンリョウソウがちらほら出ています。

湯沢出合
↑物見橋から15分程で湯沢出合いになります。
  この滝に名前はあるのでしょうか?

丸太の一本橋
物見山への登山道へ入るには、この湯沢を渡るのですが、
上の写真の倒木の一本橋を渡るか、渡渉するかになります。
数年前の秋、ここを初めて渡った時は倒木の上を渡りましたが、
目の高さが川面から3m位になりかなり怖かった覚えがあります。
さらに現在は表面に苔が付いていて滑りやすくて危険です。
↓ということで迷うことなく渡渉にしました。
渡渉の様子
石も川面から沈んでいて苔で滑りやすいので要注意です。

オトシブミ
湯沢を渡るとそこからは早速急登の連続です。
物見山山頂迄およそ3時間。
足下にはオトシブミ(上写真)が。

イワナシの花 イワナシの実
↑左はイワナシ。右はその果実です。

マイズルソウ ゴゼンタチバナ
↑左 マイズルソウ。
↑右 ゴゼンタチバナ。
四郎岳
時折展望の良さそうな所がありますが、この日はあまり遠望は出来ませんでした。
↑お隣の四郎岳です。

ベニサラサドウダン コミネカエデ
↑左 ベニサラサドウダン。
↑右 コミネカエデ。

イワカガミ ヤマイワカガミ
↑左 イワカガミ。
↑右 ヤマイワカガミ。

コヨウラクツツジ ツバメオモト
↑左 コヨウラクツツジ
↑右 ツバメオモト

石楠花 ミツバオウレン
↑左 石楠花。アズマシャクナゲの様です。
↑右 ミツバオウレン。

コミヤマカタバミ←コミヤマカタバミ

↓何とか急登をみんなで克服して物見山山頂に着きました。
物見山山頂 物見山山頂で
↑皆さんで記念撮影。やったぜ!!

鬼怒沼まで待望の下り
オオカメノキ←オオカメノキ。

オサバグサ
↑鬼怒沼に下り初めて間もなく登山道脇にオサバグサを発見しました。
過去の登山で物見山では見たことがありませんでした。
鬼怒沼山の登山道まで行かないと見られませんでした。
しかし、これがケシ科の植物だなんて思えません。
花が咲いていなければシダ類のシシガシラと勘違いするでしょうね。

ツルリンドウの実←ツルリンドウの実

鬼怒沼(奥鬼怒湿原)
ワタスゲの揺れる鬼怒沼(奥鬼怒湿原)は今日も静かでした。
尾瀬の様なにぎわいはありません。

チングルマ ヒメシャクナゲ
↑左 チングルマ。
↑右 ヒメシャクナゲ。

鬼怒沼で 鬼怒沼で 2
↑↑鬼怒沼でのスナップ。

ウラジロヨウラク コツマトリソウ
↑左 ウラジロヨウラク。
↑右 コツマトリソウ。

日光白根山
↑鬼怒沼から日光白根山(右側)がうっすら見えました。
左側の双耳峰に見えるのは、根名草山と温泉岳でしょうか。

タテヤマリンドウ イワカガミ
↑左 タテヤマリンドウ。
↑右 イワカガミ。

モウセンゴケ ←食虫植物のモウセンゴケ。

鬼怒沼山←鬼怒沼山(右奥)

下山途中
↑下山途中で。
展望の利く所のようですが、過去も含め今日も残念でした。
下山も楽ではありません。

大清水でニッコウキスゲ
大清水の駐車場にはニッコウキスゲが咲いていました。
途中花咲の湯では電車の時間に合わせたため、
あわただしい入浴になってしまいすみませんでした。
大変お疲れ様でした。

スポンサーサイト
この記事のURL | 山歩き日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【花咲湿原・自然観察遊歩道】
- 2009/06/26(Fri) -
2009年6月24日
2人の息子が通う小学校のハイキングに同行して、
武尊牧場三合平から、田代湿原、花咲湿原と周回する、
自然観察遊歩道を歩いて来ました。
10km弱の道程です。
三合平のレンゲツツジ
 ↑ ↑
標高約1500mの三合平に群生するレンゲツツジと白樺林
レンゲツツジのピークは過ぎていましたが、
まだきれいに咲いている株も結構ありました。
ベニバナイチヤクソウ、キンポウゲが見頃でした。

上州武尊山の登山口であるブナ林から田代湿原に向かいました。
遊歩道沿いには、
私の好きなキヌガサソウ、サンカヨウ、ツバメオモトがあるのですが、
残念ながら花を残していたのはツバメオモトが一輪のみでした。

田代湿原はワタスゲ、レンゲツツジが見頃を迎えていました。
広場で昼食と休憩を取りました。

東俣駐車場に上がる道路がまだ通行止めなので、
訪れる人も少ないようです。
自分も4or5年前通行止めになってからは、初めてです。

花咲湿原はコバイケイソウ、ハクサンチドリ、ワタスゲが見頃でした。
 ↓ ↓
花咲湿原←コバイケイソウ

ハクサンチドリ←ハクサンチドリ(先週尾瀬で撮影した物です)

木道が随分いたんでいて、危険な所もありました。

遊歩道沿いに咲いていたオオバミゾホウズキの花
 ↓ ↓
ミゾホウズキ

花咲湿原から東俣の間に2度の渡渉があるのですが、
すでにどろんこのスニーカーの子供達はじゃぶじゃぶと、
水の中を楽しそうに歩いていました。

この記事のURL | 山歩き日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【2009年6月19日 尾瀬ヶ原ハイキング】
- 2009/06/20(Sat) -
2009年6月19日
井上様御一行と尾瀬ヶ原をにぎにぎしく散策してきました。

鳩待峠、尾瀬国立公園看板の前で
出発前に鳩待峠で記念撮影。

「また来れるかどうか」 「口は元気だけど足は・・」とか心配そうな声がちらほら。
「大丈夫です。」と元気づけて出発しました。

オオバノヨツバムグラ コバイケイソウ
↑左は、オオバノヨツバムグラ。
  まだ蕾ですが、上部に小さな白い花が複数咲きます。
↑右は、コバイケイソウです。

ニリンソウ ルイヨウボタン
↑左 山の鼻に程近くなり、川上橋を渡ると、
    この時期写真のニリンソウが群生しています。
↑右 ルイヨウボタン。先週より開花しています。

白樺とレンゲツツジ 燧ヶ岳を背景にして
↑左 開花しているレンゲツツジもありました。
    白い白樺の幹とのコントラストがきれいでした。
↑右 池塘の前で。背景は燧ヶ岳。

牛首をバックにして
↑中田代三叉路で牛首と至仏山をバックにして撮影。

ワタスゲ ワタスゲ
↑白いポンポンがきれいなワタスゲ。

景鶴山を背景に ヒメシャクナゲ
↑左 下の大堀川から景鶴山をバックにして。
↑右 ヒメシャクナゲです。

タテヤマリンドウ チングルマ
↑左 タテヤマリンドウ。尾瀬ヶ原中満開状態でした。
↑右 チングルマです。この後、羽毛状の果実が風車のようになります。

コツマトリソウ ミヤマスミレ
↑左 コツマトリソウ。白色がつぶれてしまいました。
    至仏山で見られるのは、ツマトリソウです。
↑右 ミヤマスミレ。

竜宮十字路でお昼にしました。
相談の上ヨッピ橋は回らずに引き返すことにしました。

↓山の鼻に戻って植物研究見本園を回りました。
キジムシロ
↑キジムシロ。

ハクサンチドリ ノビネチドリ
↑左 ハクサンチドリ。
↑右 ノビネチドリです。

まだまだ皆さんお口同様、足の方もお達者です。
是非また尾瀬にお越し下さい。

↓今日は竜宮の湯に寄って疲れを癒して頂きました。
  有難うございました。
竜宮の湯

この記事のURL | 山歩き日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【2009年6月14日 尾瀬ヶ原散策】
- 2009/06/15(Mon) -
20009年6月14日
この日はペルパト会員の外崎様とお子様、
そのご友人の皆様と尾瀬ヶ原を散策してきました。
水芭蕉は時期的に見頃は終わっていましたが、
所々で清楚に咲き残っている水芭蕉もありました。

サンカヨウ ルイヨウボタン
↑左はサンカヨウ。朝露や雨に濡れると白く透き通る花びらは、
  水芭蕉にも負けないくらい清楚で可憐です。
↑右はルイヨウボタン。
  2枚とも鳩待峠~山の鼻間で撮影。

牛首をバックに 至仏山を背景にして
↑左は牛首と至仏山をバックにして。
↑右は下の大堀川から至仏山を背景にして。

タテヤマリンドウ ヒメシャクナゲ
↑左は6月の尾瀬を代表する花、タテヤマリンドウ。
↑右は可愛らしいヒメシャクナゲ。

チングルマ 1 チングルマ 2
↑2枚ともチングルマ。
  左の写真の様に花びらの落ちたものは、
  これから綿毛の風車の様になります。

景鶴山 ミツガシワの群生
↑左は下の大堀川からの景鶴山。
↑右は竜宮のミツガシワの群生。

リュウキンカの群生 ワタスゲ
↑左は竜宮付近のリュウキンカの群生。
↑右は、ワタスゲ。

ミヤマスミレ 見本園からの至仏山
↑左はミヤマスミレ
↑右は山の鼻研究見本園からの残雪の至仏山です。

皆様お疲れ様でした。
有難うございました。

この記事のURL | 山歩き日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【クリンソウ】
- 2009/06/09(Tue) -
クリンソウ ←クリンソウ
毎年、今頃になると駐車場に群生して咲きます。
特に手入れも何もしていないのですが、いつの間にか増えました。

この記事のURL | 道端・家周辺の花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【2009年6月7日 皇海山登山記録】
- 2009/06/08(Mon) -
2009年6月7日
阿武様御夫妻、藤野様とご友人と皇海山に登ってきました。
追貝から栗原川林道を通って皇海橋登山口に行きました。
相変わらずの悪路です。
それでも今週に整備したばかりのようで、砕石が随分入っていました。

ともあれ無事に皇海山登山と栗原川林道の往復送迎を無事に終え、
竜宮の湯で汗を流して頂きました。

以下に途中のスナップ等を載せました。

  ミヤマカラマツ ズダヤクシュ
↑左はミヤマカラマツ。まだ蕾です。
↑右はズダヤクシュ。
ズダヤクシュは名前からも分かるとおり薬草として用いられるそうです。
喘息や咳に効果があるそうです。

シロバナのヘビイチゴ シロヤシオツツジ
↑左上はシロバナノヘビイチゴ。
↑右上はシロヤシオツツジ。隣の袈裟丸山には沢山あります。

阿武様御夫妻 阿武様御夫妻

鋸山 鋸山と袈裟丸山
↑左は不動沢のコルから見た鋸山。
コルから約40分程で鋸山山頂に行けます。
ザックをコルに置いて行って来いする人も結構います。
私が鋸山に登ったのはもう随分前(10年位?)ですが、
眺望は皇海山より良いです。
見たとおり、山頂手前は急登になります。足下も良くなかったです。
ロープが今にも抜けそうな木に垂れ下がっていただけでした。 今はどうかは分かりませんが行かれる方はご注意を。
↑右は鋸山の右奥に袈裟丸山が見えます。

コミヤマカタバミ コミヤマカタバミ2
上の2枚はコミヤマカタバミです。

サルオガセ ←サルオガセ。空気中の水分で生きています。

剣の前で 皇海山山頂で
↑左は山頂手前の剣の前で。
↑右は皇海山山頂で記念撮影。

ミツバオウレン 石楠花
↑左 ミツバオウレン
↑右 石楠花

阿武様、藤野様有難うございました。
今日は石楠花の湯ではなく、追貝の竜宮の湯によりました。

この記事のURL | 山歩き日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【2009年6月3日、4日 尾瀬ヶ原&玉原湿原】
- 2009/06/06(Sat) -
2009年6月3日、4日
山本様御夫妻とは、3日に尾瀬ヶ原、4日は玉原湿原と、
2日間ご一緒に歩かせて頂きました。
尾瀬ヶ原にはおととい(1日)にも行って来ましたが、
2日間の違いでだいぶ開花状況も変わっていました。

↓↓は、鳩待峠から山の鼻間に撮った写真です。
タケシマラン ウスバサイシン
↑↑左は、タケシマラン。オオバタケシマランもあるのですが、
まだ見あたりませんでした。
↑↑右は、ウスバサイシンです。↓葉は下の写真です。
ウスバサイシンの葉

エンレイソウ ミヤマエンレイソウ(シロバナエンレイソウ)
↑↑左はエンレイソウ。
↑↑右はミヤマ(シロバナ)エンレイソウ。おとといより開いています。

オオカメノキ シラネアオイ
↑↑左はオオカメノキ。
↑↑右はシラネアオイ。おとといはまだ咲いていませんでした。
今朝もまだ蕾が少し開いた程度でしたが、
帰りには写真のように少し開いていました。

オオバキスミレ サンカヨウ
↑↑左はオオバキスミレ。
↑↑右はサンカヨウです。

ミネザクラ ニリンソウ
↑↑左はミネザクラ。1日は後ピンになり花がぼけていました
↑↑右はニリンソウです。おとといはまだ咲いていませんでした。
もう少しすると群生になります。

以下からは尾瀬ヶ原に入っての写真です。
ヤチヤナギ ヒメシャクナゲ
↑↑左はヤチヤナギ
↑↑右はヒメシャクナゲ。これも1日より蕾が大きくなりましたね。

池塘と燧ヶ岳 残雪の至仏山を背景に
↑↑左は燧ヶ岳(2356m)
池塘にさかさ燧ヶ岳が写っています。
振り向くと残雪の至仏山(2228m)になります↑↑右写真。
尾瀬ヶ原(東西6km南北4km)は四方を2000m級の山に囲まれていますが、
燧ヶ岳、アヤメ平、景鶴山は火山活動によって出来た山ですが、
至仏山は火山活動ではなくて、蛇紋岩が隆起して出来た山です。

下の大堀川と残雪の至仏山
ご存じ下の大堀川と残雪の至仏山です。
一昨日に比べ、リュウキンカもミズバショウに混じり目立ってきました。

下の大堀川と至仏山を背景に 下の大堀川と景鶴山を背景に
至仏山(↑左)と景鶴山(↑右)を背景にしました。

竜宮で燧ヶ岳を背景にして リュウキンカ
↑↑竜宮十字路手前で。この辺りはリュウキンカが群生しています。

タテヤマリンドウ チングルマ
↑↑タテヤマリンドウ(左)とチングルマ(右)
これも竜宮十字路付近で撮りました。

ヨッピ吊り小橋にて
ヨッピ吊り橋にて。この先の東電小屋まで行くと、新潟県になります。

山の鼻研究見本園で至仏山を背景に
山の鼻研究見本園で至仏山を背景に。
もう少しするとリュウキンカも良く咲いて来ます。
研究見本園は、ミズバショウ、リュウキンカ共に、尾瀬ヶ原より花期遅いです。

研究見本園のミズバショウの群生 研究見本園のミズバショウ群落を背景に
同じく、正確には「尾瀬植物研究見本園」の水芭蕉の群落で。

ヒメイチゲ
↑↑一昨日は見つける事が出来ませんでしたが、
今日は見ることが出来ました。ヒメイチゲです。(研究見本園で)

6月4日
今日はお帰りになる前に玉原周辺を歩くことに。
センターハウスから出発してブナ平を歩いて玉原湿原に戻るルートです。

ユキザサ
↑↑尾瀬ではまだ開いていなかったユキザサ。

沼田の名木百選「ミズメ」
沼田の名木百選に選定されている「ミズメ」の木の下で。

ブナ地蔵
↑↑ブナの根のこぶが丁度お地蔵さんに見えるのでしょう。
お賽銭も結構あがっています。

ハコベ(サワハコベ?) ギンリョウソウ
↑↑左はサワハコベでしょうか。花びらの切れ方がミヤマではないようです。
↑↑右はギンリョウソウです。

ズミ ワタスゲ
↑↑左はズミ。もうほとんど花は終わっていました。
↑↑右はワタスゲ。

玉原湿原にて
玉原湿原を背にして。
山本様、2日間お疲れ様。
有難うございました。


この記事のURL | 山歩き日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【2009年6月1日 鳩待峠から尾瀬ヶ原ハイキング】
- 2009/06/02(Tue) -
2009年6月1日
この日は、いつも御利用頂きお世話になっている金沢様と
ご友人の御夫妻と共に鳩待峠より尾瀬ヶ原に下りて散策してきました。

写真はクリックすると拡大表示されます。

鳩待峠から山の鼻に下り始めると、周りには遅い春を迎え、
咲き始めた花や、咲こうとしている花、樹木が沢山見られます。
ハウチワカエデの花 オオカメノキの花
↑写真上左は、ハウチワカエデの花。同右はオオカメノキの花です。

コミヤマカタバミ サンカヨウ
↑写真上左は、コミヤマカタバミ。同右はサンカヨウです。

オオバキスミレ ←オオバキスミレです。

山の鼻が程近くになると、水芭蕉の群生地があります。
水芭蕉の季節になりますと、花の甘い香りがプーンと漂います。
 ↓  ↓
ミズバショウの群生
この水芭蕉の実は熊の好物です。
と言うことでこの水芭蕉群生地の前後には熊よけのベルが設置されてます。
早朝や夕方、人の少ない時などは、ベルを鳴らして入って下さい。

ルイウヨウボタン キクザキイチリンソウ
山の鼻周辺に咲いています。
↑写真上左は、ルイヨウボタン(蕾)。同右はキクザキイチリンソウです。

ザゼンソウ
↑山の鼻小屋の前の木道沿いに一株だけザゼンソウが見られます。
あとは竜宮小屋と見晴らし間の木道沿いに見ることが出来ます。

水芭蕉と至仏山を背景にして
上田代に入ってすぐ、ミズバショウと残雪の至仏山が背景です。

ショウジョウバカマ ショウジョウバカマの蕾
↑ショウジョウバカマと蕾(右写真)です。

ヒメシャクナゲ タテヤマリンドウ
↑写真上左は、ヒメシャクナゲ。ピンクの可愛い蕾を付けていました。
同右はタテヤマリンドウです。6月の尾瀬ヶ原を代表する花です。

中田代三叉路で
中田代三叉路の休憩所で、牛首と至仏山が背景です。

ヤチヤナギ ←ヤチヤナギ

下の大堀川と残雪の至仏山
 ↑  ↑
パンフレットや雑誌の写真でおなじみの風景
下の大堀川のミズバショウと残雪の至仏山です。
この時期カメラマンの多い所です。

下の大堀川と至仏山を背景にして 下の大堀川と景鶴山
↑左は下の大堀川と至仏山が背景です。
↑右は下の大堀川と景鶴山を背景にしました。

リュウキンカの群生
↑竜宮十字路手前のリュウキンカの群生。

リュウキンカ←リュウキンカです。鮮やかな黄色が映えます。

竜宮十字路から至仏山を背景にして ヨッピ吊り小橋で
↑左は竜宮十字路から至仏山を背景に、↑右はヨッピ吊り橋で。

池塘と燧ヶ岳を背景にして
池塘と燧ヶ岳を背景にしたビューポイントで。
私はこちらの方が人も少なく静かで好きです。

研究見本園で(1) 研究見本園で(2)
↑2枚とも研究見本園でのスナップです。

今日はお疲れ様。有難うございました。


この記事のURL | 山歩き日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。