2017 01 ≪  02月 12345678910111213141516171819202122232425262728  ≫ 2017 03
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【2003年11月16日 迦葉山(かしょうざん) 登山記録】
- 2010/04/17(Sat) -
■2010年春の百名山 同行登山日程はここをクリック!!■

以下からは、2003年11月16日に迦葉山に登った時の記録です。

下記写真の”迦葉山龍華院弥勒寺”(かしょうざんりゅうげいんみろくじ)の
駐車場まで車で行きました。
↓↓
迦葉山龍華院弥勒寺(かしょうざんりゅうげいんみろくじ)

日本一の大天狗面
顔の丈:6.5m、鼻の高さ:2.8mだそうです。
↓↓   とにかくデカイ!!!
天狗面

登山道はこの弥勒寺の渡り廊下をくぐって裏手から続いています。
予め知っていないと、さがす事になるかもしれませんので御注意を。

30分位登ると”和尚台”という所に着きました。
↓↓
和尚台と胎内くぐり
この時(今まで)和尚台とは、
この岩の前にある建造物(社?)と思っていましたが、
どうやらこの岩そのものが”和尚台”というみたいです。
また、この岩には”胎内くぐり”の裂け目もあり、鎖が下がっていました。

”くぐり”言うくらいだから、岩の右側から裏に回ってみると、
やはり裏からも入れるようになっていました。
↓↓裏から入ったところ。
胎内くぐり 2

中にも社がありました。
↓↓
胎内くぐり 3  胎内くぐりから見る
なんか本当にお母さんのお腹の中から、外を見ているような感じです。

また、実際の登山時には気付かなかったのですが、
鎖が下がっていて、この和尚台の頂上にも行けるのだそうです。
結構危なさそうですが。

少しかすんでいますが、山頂手前からの見晴らし。
上州三峰山、子持山、小野子三山、榛名山が見えます。
↓↓
子持山方面

胎内くぐりや、和尚台などに登ったりしなければ、
時間はそんなにかかりませんが、結構急登が多いです。
急登を登り詰めると、御嶽山大神と彫ってある石碑がありました。
(写真撮ってなかったようです)
そこが山頂かなと思ったのですが、
そこからさらに尾根を奥に進むと山頂になりました。

天狗の霊峰”迦葉山”(1322,4m)の山頂。
↓↓
迦葉山山頂

下山してからの事。
楽に来られる車道とは別に、徒歩で上がってくる参道もあります。
そこを少し下ると、「馬かくれ杉」という巨木があります。
説明看板もあったようでしたが、すっかり忘れました。
馬もスッポリ隠れるような巨木だからかな?
参道の下側から見ると写真右のような大きな割れ目があり、
これにも馬が入れそうな感じでした。
↓↓
馬かくれ杉   馬かくれ杉 2

スポンサーサイト
この記事のURL | 過去の山歩き | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【2003年11月14日 鹿俣山と尼ガ禿山 登山記録】
- 2010/04/15(Thu) -
2010年(h22)春の同行登山日程はこちらから御確認下さい。

【玉原の鹿俣山と尼ガ禿山の登山記録】
2003年11月14日に登った記録なので、
指導標や看板が変わっていることもあり得ます。

コースは、
センターハウス→銅金沢→森林キャンプ場→鹿俣山
鹿俣山→ブナ平→水源ルート→玉原湿原→朝日の森→尼ガ禿山
尼ガ禿山→迦葉山→玉原湖→センターハウス

センターハウスの駐車場に車を止め、
歩いて車止めから入ると、すぐ野鳥の看板があります。
そこを右に入り銅金沢沿いに進みました。
↓↓
野鳥案内板

ゲレンデとキャンプ場を抜けて鹿俣山に向かいます。
山頂手前の指導標(左下)。
ここからは、もう5分位で山頂でした。
↓↓                         5分で山頂↓↓
山頂手前の指導標 鹿俣山山頂

山頂に着いたときは武尊山(東側)方向はもやっていたし、
雑木をかき分けても見えるかどうかってというとこなので、
西側のひらけた方面の写真を撮ってきました。(記憶では)
↓↓
鹿俣山山頂からのパノラマ
↑↑
玉原湖のすぐ左脇が、迦葉山。
奥へ、上州三峰山、子持山、小野子三山、榛名山と見えました。
なだらかな傾斜の左側には赤城山。
谷川岳方面は残念ながら雲がかかっていました。
獅子ヶ鼻山と武尊山を間近に見られると思っていたのですが・・・。

時間も早くお腹も空いて無かったので、
尼ガ禿山にも登ることにして、鹿俣山山頂を後にしました。

ブナ平に入ってすぐの指導標
↓↓
ブナ平の指導標

少し歩くとブナの朽ち木がそれと見える「ブナ地蔵」
↓↓
ブナ地蔵

ブナ平から1302.5m峰にはまわらずに、
水源ルートから玉原湿原に下りる事にしました。
湿原から朝日の森と抜けてアットいう間に「尼ガ禿山」の山頂。
↓↓
尼ガ禿山山頂

足を延ばした甲斐あって武尊山も雲をはらって良く見えます。
↓↓
尼ガ禿山山頂からのパノラマ
谷川方面は相変わらずでしたが。
この尼ガ禿山、短時間で登れて、
標高(1466m)の割には、眺望も楽しめます。
(晩秋で木々が葉を落としているせいもあると思いますが)
鹿俣山山頂でも一人、尼ガ禿山の山頂でも一人。
風も無く暖かくなったので、ここでゆっくりお昼にしました。

尼ガ禿山山頂を後にして、迦葉山方面に向かい、
この指導標の分岐から玉原湖に下りました。
↓↓
指導標

サイクリングロードに下りた頃には武尊山がクッキリと。
↓↓
サイクリングロード

うっすら雪化粧した姿が綺麗なのでズームしました。
↓↓
武尊山のズーム
こちらから武尊山を見ることはあまりありません。
この時分、うっすら雪化粧してるのが漠然と武尊山だろうと思っていました。
鹿俣山の山頂でも確認出来なかったので。

この記事を書くために、良く写真を確認しましたが、
中央の大きな山塊は、剣ヶ峰山みたいですね。
その右が、西峯と鬼岩みたいです。
でも今は聞きませんが、「剣ヶ峰山」以前は「西武尊山」とも言われたそうです。
何かの本で見ました。

玉原スキー場の上部に、
鹿俣山と獅子ヶ鼻山との、間奥に白く見える三角形の山が、
どうやら沖武尊山のようです。

以上が写真を頼りにして思い出した「鹿俣山」の登山記録です。

この記事のURL | 過去の山歩き | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【2006年6月20日 五色山、金精山 登山記録】
- 2010/04/06(Tue) -
2006年6月20日の「五色山」「金精山」登山記録です。

コースは、
菅沼登山口→弥陀ヶ池→五色山→金精山→金精神社→菅沼登山口
の周回コースでした。

日光白根山はもう何度も登っているので、
その周りの山を歩いて見ました。

この日は丁度白根山の山開きで、菅沼の登山口に着くと、
舞茸汁などの振る舞いの用意をしていました。
出来上がるのにまだ2,30分かかりそうだと言うことで、
あきらめて出発しました。

弥陀ヶ池から五色沼にむかって行くと、
五色沼に下りる手前にある、五色山への分岐を上がりました。
これから咲きそうな蕾を付けたミネザクラが沢山ありました。

五色沼からの登山道との合流点から見た五色沼。
↓↓
五色沼 五色沼と白根山
                              ↑↑
       右上は五色山の山頂手前で、白根山を背景に撮りました。

五色沼の周りにも沢山ありますが、イワカガミ。
↓↓
イワカガミ イワカガミのアップ

湯ノ湖や日光連山を眺めながら、ゆっくり昼食にしました。
その間、前白根に往復しようかどうか迷いましたが、
お天気もあまり優れないので又の機会にという事にしました。
↓↓
五色山から湯元方面

金精山にむかう途中に、ミツバオウレン。
↓↓
ミツバオウレン ミツバオウレンのアップ

同じく、コミヤマカタバミ 
↓↓
コミヤマカタバミ

金精山の周辺で咲いていたシャクナゲ。
白根山周辺の山のはハクサンシャクナゲも多いのですが、
この頃はまだ「ハクサンシャクナゲ」との違いは気にしていませんでした。
花期や写真から見た葉の形からは「アズマシャクナゲ」みたいです。
↓↓
シャクナゲ

金精山に到着しました。
↓↓
金精山

金精峠にある金精神社。
↓↓
金精神社
この金精神社に祭られている御神体は立派な○○です。
拝んだ後、菅沼登山口まで戻りました。

この記事のURL | 過去の山歩き | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【2004年11月17日 稲包山 登山記録】
- 2010/04/05(Mon) -
2004年11月17日 に
稲包山に登った時の記録です。
ルートは
四万温泉側の登山口→赤沢峠→稲包山の往復(単独)

随分前の登山なので、写真が頼りの記録になります。

林道途中にある四万温泉側登山口迄車で入り、
そこからしばらく急登すると、尾根筋に出ると、
これから目指すルートが見えて来ました。
↓↓
尾根筋から稲包山
↑↑
右側の大きい緩い山が赤沢山で、左奥の小さな三角の山が稲包山。

赤沢峠。法師温泉と稲包山との分岐点。
↓↓
赤沢峠

山頂手前で、浅間山(左)と 武尊山・日光白根山(右)
↓↓
浅間山 武尊山と日光白根山

稲包山の山頂
↓↓
稲包山の山頂 1 稲包山の山頂 2
↑↑
1600m足らずの山頂ですが、360°の眺望を満喫出来ました。
下の写真は山頂からのパノラマです。

平標山から谷川岳への上越国境の山々。
さらにその先には至仏山の姿も見えます。
↓↓
谷川連峰パノラマ

左から
上州武尊山、日光白根山、皇海山、袈裟丸山、赤城山までつなげた
パノラマ写真
↓↓
武尊山から赤城のパノラマ

11月の中旬過ぎでしたが、お天気に恵まれて、
山頂で1時間位ゆっくりした記憶があります。
下山後は、もちろん四万温泉に入ってから帰りました。
「四万清流の湯」だったと思います。

この記事のURL | 過去の山歩き | CM(0) | TB(0) | ▲ top
【?年6月22日 鬼怒沼山のオサバグサ 登山記録】
- 2010/04/05(Mon) -
何年に登ったかは正確ではありませんが、
たぶん3~4年前の6月22日の登山記録です。

登山ルートは、
大清水→物見山→鬼怒沼→鬼怒沼山 単独での往復でした。

鬼怒沼までの登山記録は、昨年(2009)6月の記録が、
丁度時期も同じくらいなので、下記リンクから御参照下さい。
 ↓ ↓
http://gfield.blog108.fc2.com/blog-entry-180.html

物見山(毘沙門山)
↑↑
大清水から鬼怒沼、又は鬼怒沼山に行くには、
この物見山を越えなければなりません。

この登山の何年か前には、この物見山をパスして、
大清水から奥鬼怒スーパー林道(一般車通行不可)を周り、
日光沢温泉から鬼怒沼まで登った事もあります。
帰りは「八丁の湯」に入りました。
下の2枚の写真はその時の写真です。
左は展望台から見た「オロオソロシノ滝」。右がその時の「鬼怒沼」
このときは、右の写真中央に写っている鬼怒沼後方の山が、
「鬼怒沼山」と思っていましたが、今回、鬼怒沼山まで登ってみて、
さらにその右の山が本物の「鬼怒沼山」だと言うことに気付きました。
オロオソロシノ滝  鬼怒沼

以下からは、また今回の写真になり、「鬼怒沼」です。
今にも雨が降りそうなお天気なので、
↓↓下山後に降ってなかったら入る事にして鬼怒沼山に急ぐ事にしました。
奥鬼怒湿原

鬼怒沼山にむかって数分でしょうか。
登山道脇に白い小さな蕾みを付けたシダ類みたいな物がありました。
↓↓
オサバグサ 2
はじめて見たので、何だろう?と思いながら山頂を目指すと、
「鬼怒沼山」山頂まで所々群生して咲いていました。
オサバグサ 1  オサバグサ
あまりに可憐で綺麗なのでアップでも撮ったのですが、
いつもの通りピンボケです。(右上)

この花、帰ってからネット等で調べたら、「オサバグサ」との事です。
帝釈山で有名なケシ科の植物なのだそうです。
今は「尾瀬国立公園」になって帝釈山も含まれましたが、
私の持っている古い尾瀬の花の本には載っていなくて、
調べるのに苦労した思いがあります。

「鬼怒沼山」山頂到着。
 ↓↓
鬼怒沼山 鬼怒沼山から
霧雨でガスって何も見えません。
あまり山頂周囲を歩きまわって無いので何ともいえませんが、
晴れていても針葉樹に囲まれているので、
展望はあまり取れないかもしれません。
右上の写真は、山頂からわずかに針葉樹林が切れた方向。
(西側だったと思います?)
霧雨の粒が大きくなってきて下山を急いだので、
あやふやな記憶ですみません。

この記事のURL | 過去の山歩き | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。